忍たまプロジェクションマッピング

忍たま乱太郎の新作映画が、富士山の山肌全体をスクリーンとしたプロジェクションマッピングとして上映されます。映像作品としては史上最大の規模となります。
近隣住民は歓迎ムードですが、ドアップの伝子さんには「心臓に悪い」「無差別テロでは?」との声もあがっています。

・・・というエイプリルフールのネタに使ったイラストです。

前のイラスト 戻る 次のイラスト

忍たまプロジェクションマッピング
忍たまプロジェクションマッピング
忍たまプロジェクションマッピング


ここから下は合成前の元画像です。
忍たまプロジェクションマッピング
忍たまプロジェクションマッピング
忍たまプロジェクションマッピング

前のイラスト 戻る 次のイラスト